--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-06-02

出羽三山もうでの事2

前の日記の続き。羽黒山から翌日は湯殿山等

ホテルチェックアウトして湯殿山方面へ。
朝ご飯食べるところがない…ホテルで食べておけばよかった…

112号線をぶいぶい運転して途中産直施設あぐりにたちよる。
産直楽しい…

山菜沢山、山もり入って手頃すぎる。
月山筍(ねまがりだけ)が売られている、コシアブラとかたらの芽等も。

今年は山菜がよく採れる地域によく訪れてよく食べてる。
特に野生のたらの芽に恵まれている。ニガくてトゲトゲの。東京じゃ先ず見ません。

たくさん買って移動。


一旦月山道の駅に降りる。

IMGP1270.jpg
バンジージャンプ発祥の地だそうで。

ここにアマゾン自然館という興味深い施設があり蛇が氏じゃうじゃ居るとの事で迷わずはいる。

うおーへびだー、すげー、あなこんだだーうひょー。緑の子綺麗にまとまって木の枝で寝とるーかわええーー。
さんざんキャッキャウフフし。

110528-103958.jpg

アマゾンランキング。あっちを連想しますねすっかり。

カブトムシの展示。ひっくり返ってる…だいじょうぶ?


お土産コーナーはまるで勝沼の葡萄の岡野それの様で。
月山ワインって、きおくにある。


おなかがすいていてどうしようもなく、丁度11時で同じ場所にあるおそば屋さん大梵字が開店したのではいる。
古民家、元々ここに立っていたとは思えないが。
解体し持ってきたらしい。

おそば食べる。
山菜料理つきのおそば。
十割そば。

そばおいしい。十割でこんなにつるりと歯ごたえもよく香りもよくすごい。
写真撮ってない。

まだ早いのに他のお客の人もわらわらはいってくる。
多い時で待つとかなんとか。

結構満足して先に進む。

先ずは、即身仏を拝む目的で112号から逸れて注連寺 へ向かう道に入る。
この道の駅から大体20分弱。

IMGP1272.jpg
このお寺の由来、歴史は古く833にお大師様により開山。
当時はこれより先が湯殿山の入り口とされ先ず立ち寄るところだったとの事。さらに女人禁制。
女性の方は、ここに留まっておとなしく山を拝んでいたらしい。

しかし、廃仏毀釈の際に神社へ変貌。それと共にこの寺の意義も喪われ、しまいには住職もいなくなり一時廃寺にもなる。

今みたいに改めて寺として運営されたのは30年前と最近の事。
森敦と言う小説家がこの寺に滞在、この寺をもとに書かれた小説月山が芥川賞とったり映画になったりと何かと有名になり注目を浴び復活。

因に本道は一度焼け立て直された。
(ミシュランにまで登録をうける。☆☆)
何とも波瀾万丈なお寺だこと。

波乱といえば、ここに安置されている即身仏さまもまたすごい。

鉄門海上人というかたの即身仏。名前に海がつくので空海様一門。
写真撮影お断り、興味本位で来るな。とは言われませんでしたよ普通。

この人のいきさつを読んだらこれがすごいネタに満ちています事、マジ基地を通り越し聖人の域です本当に。

ちょっとしたいざこざで武士をぶっ殺してしまい逃走、この注連寺に辿り着く。

半端じゃない仏道への意気込みで行脚の道のりも四国から北海道。
慕われている遊女に男の子の大事なきんたまを切り取り差し出すわ(実はネタ)、江戸行脚の際、眼病流行を沈める為に隅田川に目ん玉なげこんだりと。

そしてお大師様みたいに入定したいと3000日かけて即身仏に変身…。

すさまじすぎる…

3000日ですって。9年位かけて防腐処理。死後の保存用防腐処理とは訳が違いますのよ。

即身仏、当時ははやっていたらしく、多くのひとが挑戦した模様。

もちろん以上の工程の過酷さ故途中で逃げ出す人も多かったというし、詰めが甘く腐ってしまった可愛そうなお坊さんもいらっしゃると思えば、土中で入定後、何処に埋めたか忘れられ現在もまさに秘仏中の秘仏化した即身仏もある様子。

なんとうか、オツカレサマ…今の日本はろくでもないです♥と言う思いで手を合わせ。

お寺の案内のお姉さんに色々ご説明を受け。
見所が沢山でここはよるとよいでしょう。月山の眺めも良いし。


注連寺を後にし車を走らせる。他にも大日坊というここも即身仏が安置されているお寺もあるのだけどスルー。

112号に戻る道からうひゃーと声を出してしまった橋を見付ける。
110528-121920.jpg

どーん。

その先にダムらしきものを見付ける、これもまたべらぼうである。

このダムはあとで立ち寄る事になる。


一路湯殿山へ。

注連寺で耳にした話では、湯殿山は前日まで閉鎖されていたとの事。
28のこの日から開くという話なので喜んでと言われ幸福実現に浸る。

(あとで知った話では、今年の大雪で作業をしていたところ震災の影響で除雪車の燃料が不足、GWの仮開山は見込めず本来の開山日である6/1に向けて頑張ってました…らしい。)

この辺りから30分。

有料道路を少しはしって湯殿山神社入り口に到着。

IMGP1275.jpg

ずーん。

雪!

神社までのバスが走っていたけれど、無視して歩く。

なんかもう、新緑に雪って産まれて初めてだったよ。なにこれ。

今年の恵まれもので、山菜とならび大胆な雪にも恵まれてます。
1月の金沢での大寒波(危なくトンネルで過ごすところだった)、秋田のドキッ大雪まみれの露天風呂。
さすがに今年最期ではないかと…

IMGP1282.jpg


さらに雪解け水の川には水芭蕉がががが。
あらすてき。
IMGP1280.jpg


歩いて20分強。

ここはバスのったら勿体ない。色々生えてておもしろいよ。急ぎでない限り歩け。

出羽三山のひとつ湯殿山神社、ここの参拝は特殊で色々べらべら書きたいけれど、言わず語らずの地という事で大雑把に。他のサイトではとっくに詳しく書かれているが。

祭神は大山祇神・大己貴命・少彦名命、旧社格は国幣小社、現在は別表神社。wiki参照。

お社殿無し。
ご神体に直接触れられる素敵なところ。
参拝の過程としては、先ずおはらいをうけます。
こういうもの貰います。
110528-131927.jpg

ヒトガタで体をなでなでし、途中で放棄します。

ご神体を拝みます。

裸足になります。。



…いってらっしゃーい!

以上。

いけばわかる。あー、だから湯殿か…そう言う感じ。
言わず語らずの理由は、いわゆる百聞は一見にしかずという事だろうと。
どうせ言ったら知ったつもりになるだろうしそれじゃまったく意味ないのでいいから一度体験してこい!

ある意味非常にアニミズム。

そんな神社でございます。


正直、来てよかったし、この日から参れるようになっていて非常にラッキーだった。
素晴らしい巡り合わせでございます本当にありがとうございました。

ちなみの残りの月山神社、ここは山開きは7月から。
とてもよいところの今回期待してたけど以上の理由によりまた次回。


湯殿神社を満喫して下山。


あの鳥居にからすが…三本足だったかはしらない。

さよなら湯殿山。

時間が余っているので立ち寄りポイントを探す。

ダム見学できる事を知る。
ダム萌えではないが今日身軽ので向かう。


ついた、月山ダム。
110528-153033.jpg
平成14年位にできたようで新しい。

受付でダムに入らせてくれとお願いし案内してもらう。

すげー。でけー。うわぉー。うひょー。

もっと深いところまでいきたかったけれど、満足。

ダムをよく見ると半円じょうの形が見えており、多分月を表しているのかなとやはりそうだった。


GW時には派手な放水を行いその勢いはそれはそれはすごいという話。

また道の駅月山に戻り、文化創造館と言う施設に入る。アマゾン自然館でチケットくれたから。

昆虫。昆虫。

すごいのがいた。平たくてばけものチック。名前が思い出せない。

そしてさよなら出羽三山。


あとで知ったのだけど、山菜料理がとてもおいしい出羽屋と言う旅館が月山の向こう寒河江を越えたあたりにあるらしい。とにかく食事がおいしいらしく知っていれば是非いきたかった。また次回。

鶴岡で彷徨う。
荘内神社へいく。なんかこう、格式高い雰囲気。

市内のしょっぴんぐもーるでうろちょろ。収穫無し。

車返す。

あとはぐーすか帰宅。

良いところだった…月山が心残りだし待たしたい事があるので改めてきたい所。

2011-06-01

出羽三山お参りの事 ※内容長め

※知った事仕入れた情報が多めで今後の参考の為長めに記録する。

5/27~28と山形へ出羽三山参りに。

何かと前からいきたくて時機をうかがっていた。今がチャンスお買い得。非売品。

ここ出羽三山、どういう交通手段で訪れるかがそれまで謎だった。
しかも、出羽三山は山形にあると思わなくて秋田だと思っていた。あの辺、自分の中ではここ最近まで秘境でしたから。

山形の地は一度降りた事があるのだけど、天童で宿泊オンリー、ちょっとだけ山形駅周辺歩いたのみ。そこから山寺経由で宮城へ向かった位でなんだ山形なんにもねーなーと木を見て森を見ずな具合。ええ、失礼千万。


いざ行こうと決定、さあどうやって行くのか知らん。
どうも山形の左上方面は庄内地区らしく、山形新幹線乗ってれば勝手につく様な立地でもなくじゃあどうするの…よく調べたら、鶴岡という町を拠点に動けばぬるぬる参れそうな事を知り手配する事に。

こんなかんじ。

大きな地図で見る

新潟まで新幹線、そこから特急…おカネかかりそーな予感と思っていたけれど、某鉄道屋さんの旅行商品で往復移動費+宿泊の勝手にお過ごしくださいパックをnintendo3DSが買うにはほど遠い位の誠にふざけた価格で見付けて申し込み。(通常料金で新幹線+特急を個別に切符買うと片道で13000円近く掛かる事が判明。)


いつもこの某鉄道屋さんのツアー商品ものにはお世話になってます。ツアーの種類によっては列車時刻に制約がつく場合はあるものの、それはそれは破格で遠出好きにはたまらなくて白血球が足りないのですの。


さらに車をかしてもらえるように手配もして。
あとは行程にそってれっつごー。

出羽いきたくてぐぐって鉄道利用での行き方見付けた方は以上をご参考に。
(あとは、飛行機で酒田からと言う手段も良いかも知れない。高速バスは遠慮)


東京都内から上越新幹線で終点の新潟駅まで。それから特急いなほに乗ってどんぶらこっこと鶴岡駅まで。
乗り換えの時間も合わせてだいたい4時間程度。

割と時間がかかるけど、いなほの車窓が素敵で判りやすく表現すると

町田田田田田道田田町田田林田田と思ったら海海海岩トンネル海家家佐渡海海トンネル^3 トンネル田田田田田田


と移り変わりが豊かで飽きない。そして白いお米をいつも食べれるようにしてくれる農家に敬意を持たずにいられない。さらに、田と言う漢字の完成度には感服する。
110527-115634.jpg

夕日が海に飲み込まれる景色はさぞ美しいと思う。今回帰りは悪天候で見れなかったけれど。
欲を言うと、特急窓ガラスがばっちい…折角の美観なのでそこのところどうにか…おそらく埃がつきやすいのだろう…しかも旧い車両で車内の独特の臭いを始めとしてトイレなんかもノスタルジック。


蛇足で自分の中で上越新幹線はとても退屈。


鶴岡は街ではあるが都市ではない。そしてクルマ社会の雰囲気。なぜかおしゃれに見えるミスタードーナツ。
13時前には着いてとっととクルマ引き受ける。


出羽三山、といえども出羽三山という名称の場所はなく
”山形県庄内地方にひろがる月山・羽黒山・湯殿山の総称である”by ウィキペディア。

ということ。キャッツアイの様なものですね。
例えの用い方はともかく、同じ3つだから大体あってます。

最初情報不足の時は、出羽三山をgooglemapで検索しても具体的な結果が出ず「何のこっちゃ?」と思ってたの。
三山だから山が三つあるに決まっとるだろよく読め!という話です。

…初めてのパソコンそれもMacの子供時代、当時はOSという概念を知らずに触り始め「漢字talk」というものがそれと知らず「かんじとーくってものがはいってないよ~」とアホの子全開の時がありました。それに似てます。

※本当の話です。


先ずは羽黒山に向かいます。
ナビに従ってぼーっと運転してると巨大な鳥居。車内から拝礼。
こんな感じの道を通る。
スクリーンショット(2011-06-01 0.01




ナビでは↑とは違うルート案内だったけれど、適当に進んでしまい変な道に以上の道をゆくでもある意味正解で黄金堂というところを先ず見付けお参り。
110527-134027.jpg

宿坊がちらほら。

鶴岡駅から30分位。羽黒山神社の入り口に到着。

案内図を見ると…参道から頑張って山道あるくか、車で上まで上り有料道路で山門まで。

あるく をせんたく。

大杉。
所々末社、二礼二拍一礼のオンパレード。
IMGP1252.jpg


滝、

国宝。
110527-141659.jpg

石段。石段。石段…

正直距離ありそうでやめようと思った。

挑んだ。

ついたー。出羽神社。
IMGP1260.jpg
"出羽神社(いではじんじゃ)は山形県の羽黒山山頂に鎮座する神社である。式内社で、旧社格は国幣小社。
祭神は伊氐波神・稲倉魂命である。"wiki
(元々は修験道の地で観音菩薩の信仰として羽黒権現と言われていたのだけど、廃仏毀釈で現在の様に神仏習合したのであった。)

ここでは他の湯殿山神社と月山神社をえーい面倒だからまとめて奉ってやるという具合に置かれている。やけくそ神社。ごめんなさい。
そして補修中。

そして、残雪。
110527-153634.jpg


そして色々参った。何度手を叩いた事か。いけば判る。

そして、下る。

膝に来る。

途中、脇の鬱蒼としたところに鳥居を見付け稲荷神社があるとの事で入り込む。
何処まで歩く…
IMGP1265.jpg


は、ハ グ ロ ウ ィ ッ チ プ ロ ジ ェ ク ト…。


なんかでますか…

こんな脇にも社ありました。ヒトがあまり立ち寄りそうにもありません。
こういうところ大好きです。日光の天海廟とか。

そして元の随神門まで。

ここの山道、カエルだけど随所でコロコロ鳴いておりコダマかと思った。そう思っている。


ここは、よほど体に支障がない限り、歩け。男も女も意気込んで羽黒にきたからには歩け。ヒールが高いなら脱げ。自動車で頂上とかヤワな事をすると勿体ないぞ。
もう一度言う、自分の脚で昇れ。走っても良い。転んでも知らない。


所要時間、3~4時間。

この日の分としてはちょうど良かった。というか、最初からここを訪れてあとは次の日と設定した事が後々らっきーという事になる。



翌日の予習の為に羽黒山への道のりを少しだけ走ってみる。

田んぼきれいだなー…本当に美しい。向こうに見える月山は雪がのこり。


あと、小さい神社がよく見つかる。杉の密集したところは間違いなくそれだ。


112号線を湯殿山方面へ走る。そこそこ遠いね…途中までにしておこうと思ったところで道の駅月山発見。
売店や施設はしまっていたけれど、インフォメーションは開いていたのでパンフレット集めをする。


最終的に、ここの道の駅が車移動での拠点となる。

鶴岡市街まで戻る。


宿に入る。第一ホテル鶴岡というところ。

スパに温泉がある。幸せ。


食事は近くの庄内ホルモンというお店。時事的な理由でレバ刺しがなかった。でもおいしかった。最近何処のホルモン屋さんもそうだけど、店員さんが親切。焼き方のコツの説明図もありおもしろい。

ホテルに戻る途中、芍薬の切り花が落ちておりこれこれはかわいそーにと拾い部屋で飼育。
帰ってきた現在も立派に咲いている。

そして色気づいて鏡に映った自分の写真ついったーに上げたり何ぞしたり翌日の計画立てて寝た。
持ってきたパンフレットが非常に役に立つ。ネットでは何故か具体的な情報が見つからなくてね…

長かったので、次の日記に続く…。

2011-05-30

香取神宮と鹿島神宮の事

今月は割と遊んだ。


たしか18日位、茨城と千葉のあたりに向かう。
ちばぁーらきぃー。ごめんなさい。

地震以降、鹿島神宮の要石とかが気になり近々訪れようと思えど余震に怯えその日まで。
そしてその日に思い立ってターッと出掛けてきた。



東京から高速のって途中SA寄り道等で1時間半位。鹿島で東関東自動車道は終点。
そこからえっちらおっちら一般道。

途中道の駅いたこ。
最近道の駅にはまっている。と言えども遠征した時に立ち寄る程度なのだけど、おもしろい。

道の駅の素敵なところは、植木が安かったり作物がびっくりする様な量でやすい事等。

このいたこという道の駅ではトケイソウとカサブランカ等の植木とリサイクルな着物を買う。
裏に睡蓮の池があると教えてもらい向かうとうじゃうじゃとはえており、カエルとオタマジャクシのどっち付かずも泳ぐ。

いたこ、潮来と書いていたこと読む。

鹿島神宮へ向かう。

この辺り、地震の爪痕をあちこちと。
鹿島の駅周辺地割れ補修や塀の崩れ等。

鹿島神宮について先ず目についたのはぶっ壊れた鳥居の修復作業。

お社殿は赤く無く茶色。ここの祭神さまは武甕槌神。イカズチのかみさま。

そして色々参った。要石も見た。
楼門が非常に興味深い。
大抵の神社は左右に像が安置されているものだけれど、ここは輪切りの丸太の面にそれぞれ雷と月と太陽の印。
さらに裏をのぞくと両者とも真ん中に点。

あとで調べたら、地震蟲(俗にいわれるなまず)の目が月と日とのことで、ここの要石で頭を打ち付けたナマズの目なのだろうかと思い。

地震に関してこの神社は興味深い。
 


ここをあとにして、次は千葉にくだり香取神宮へ。

しかし平地‥山に囲まれて育った者にとっては落ち着かない


すぐについた。

鹿島に比べてしっとり。
参道くねくね、灯篭どんがらがっしゃん。

お社殿がしゃれている。


奥宮が変なところにある。
ここにも要石がある。みた。

目的を終え遊びタイム。

道の駅見付けたのでまた立ち寄る。
佐原という道の駅。まだあたらしい。

ここでご飯、鰻にプライドを感じおいしかった。こういうところは食事適当というイメージを長い事持っているので、こういう思いをすると嬉しいです。


やはり野菜等が安い。色々欲しくて鼻血がでる。持って帰っても使い切れないので抑制。

それから佐原を練り歩いて見物。
水郷で川越の様な小江戸感をかもしているのだけど、何せ地震の影響で若干無惨。瓦崩れたり、川の美観に崩れがみられたり。

そこからさらに水生植物園という場所が在ると言う事で移動。

佐原市立水生植物園、この地域はアヤメが名物。

移動中気になるのは、電柱が曲がったり建物がやや傾いているエリアが見られる事。
かなり強い揺れだったのねと実感。
そして、水田も水不足に悩まされるところもあるようで。
そして、ナビがよく狂う。地殻が動いたのね…

そして例の植物園の敷地についた。
わくてか…


※現在休園中 来月にはひらいてます どーん。(5月中旬現在)

復旧作業中との事…
これからあやめまつりがあるので、それにあわせてがんばっているみたい。

そのまま帰路へ。

東関東自動車道のサービスエリアは割りと地味。そして少ない。距離がないのでこの程度かも。

ひとまず、やっとこさここにこれたのでよかった。

そして、東京から案外近かった事。千葉は興味を満たせる場所なんてなさそー、、というイメージだったのだけど、場所次第では立ち寄っておもしろそうなところは沢山ありそうなので、日帰りの旅行にぴったしだと思う。

あと今の時期は、震災で引き起こされた変化を東京の近辺で感じられる場所でいろいろな思いをするにもよいと思う…がんばってますにっぽん。

帰りの道のりは渋滞の首都高六号線、車内からスカイツリーを右に左は沈む夕日…
あぁこれでもなんとか社会は回ってるのね…と言う実感。

行きとは違ったルートをナビが敢えてここを選んだのなんつーか…


2011-05-05

ヴェルサイユ漬け

色々起き過ぎてて世界が浄化されそう、


4月はまともに遊んだりできなかったよ。

4/23にDのライブに言ってきた。
みんなで旗を降る曲に参加してみたくって。
ライブに行くと当然機材をチェックするのだけど、ギターの右の人、Ruizaって人。元関ジャニと言われる人。
ラックにfractalというブランドのAXE FXを使ってた。実際ステージで使う一見るの初めて
これを使うという事は、アンプのヘッドやエフェクター類もないという事になり、一緒に積まれた機械はチューナーとVHTと思われるパワーアンプという不思議な構図。
卓に直かと思ったけれど、hiwattらしきキャビに繋いでた。

あーへー、しっかり音出るんだねー。と。
いや、これ使おうか迷ってんねん。というか、どこから買おうか目下検討中。注文先により10万円位の差がありまして。

あと、ボーカルの秋田のヴァンパイアの人が思いの外でかかった。煽り曲のときの振りが魔王だった。


4/26
日光に様子を見に。
GW前というのもあるけれど、終末後の世界の様に人がいなかった。
天海先生の廟にはいれなくなってた。困った。

ついでに那須に寄ってきた。
ここはすごい…
いや温泉が。
鹿の湯というところに行った。地元の人沢山。
あといいとみつけた。結構秘湯。知られてるところだけど書かない。またいきたい。
殺生石、なんかやばい。

あとはその数日後ねこカフェで漫画読みまくったり、GWなにそれという具合に。

きのうはversaillesのライブでさいたま新都心。
気づいたらhizakiにかなり近いところにいてしっかり観察できた。と言うより、客席のもみ合いが激しくてべるべるのライブではこういうの初めて。
収穫、ピック拾った。

versaillesは今月あと二回行くよ。一つはワンマン、一つは合同。合同のはガルネリウスなどなど気になるメタルバンドが総出で楽しみで地震がこないといいね。

2011-03-13

2月後半からここしばらくのこと

特にこれと言って穏やかな日々を過ごした。
確定申告早めに送信したらくちん。

パソコン変えて電子申告導入やり直しだったのでやり方うろ覚えで怖がったけど気づいたら普通に出来てた完了してた。
3/8~9と秋田。
田沢湖ー乳頭ー角館

盛岡からはやてとさよならしたのだけど、秋田新幹線は在来線との乗り入れで山形新幹線とおなじミニ新幹線だったという事を知る。

田沢湖については現地で色々入れ知恵してきた。辰子、玉川、クニマス。
さ か な ク ン 

IMGP1125_20110313100448.jpg
かまくら初体験

IMGP1141.jpg

田沢湖、もうしばらく居たかった、、不思議な魅力がある。諏訪湖並に好きになれそう。
魚にとってはひどい環境だが。

乳頭、とんでもねえ雪だ。
IMGP1169.jpg

記憶としては、吹雪の中一人で裸で居た記憶しか無い。
いえ、雪女との対決ではなく、
長年の夢が果たされた訳で

一人ではしゃいでタライにたくさん雪盛って、ツララ見付けて刺しまくった事はあまり後悔していない。

やまおんなのお造りは初めて。くえるんやな。
そして久しぶりに、にがーいうまーいたらの芽を食べた。
きりたんぽのたんぽについて。
ーーー


角館にきた。
在来線少ないから新幹線使えってすごいおもしろい素敵。
立席券という特急券を買えば、乗車券会わせて田沢湖ー角館間1000円強。
在来線の少なさは終末的なので時間を買う意味では安い。

角館、かくのだて、
まぁ、その、田沢湖から既にそうだったのだが、韓国の方々に人気だなーと。

桜が咲くと見事だろう…

はやぶさは、何回かすれ違ったか。緑だった。

ちょっと行く時期が食い違えばまともに被害喰らった可能性があった訳で。

とりあえず、無事。

水槽の水が溢れ床が水浸しになったり、
本が3?400冊ほど落ちて後始末が大変だったが、

案外小さい水槽の方が水の溢れは少なくて、殆どの水浸しは90センチからの水であった。
キューブ水槽や小型の円筒水鉢が落ちなかったのが不思議。
とにかく魚の命優先であたうたしてた。
家に居れてよかった。

その時の感想、「あぁ、おわるんだな」
プロフィール

s o a r

Author:s o a r

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。