--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-12-12

12/5の事(岩手行き二日目の事:花巻の宮沢賢治童話村など)

12/4から岩手に向かい、一日目は平泉周辺と前に書かせていただきました。

二日目のことです。

夜更けに宿の窓の正面が見事に北向きだった為、カメラを立てて星の様子を収めました。
30分程度でしょうか?星の軌道です。
花巻の天体軌道


翌朝、泉に浸かる。
ここの湯はすぐのぼせそうです。
それが気持ちいいです。透明。

チェックインはだいぶゆっくりで、一時過ぎに車で送られ新花巻駅まで。
5時の新幹線まで時間があったため、周辺を散策。

最初ね、花巻駅周辺のマルカンデパートにいきたかったの。
ここの名物の十巻きソフトクリーム
イメージ図


※黙って持ってきましたすいません。文句あったら言ってくだしあ。早々消します。

140円です、あ、うち間違えた。うそ、140円です。
誤表記じゃないよ?140円。
百四十円。

おk?

箸で食べるのがナウいらしいです(ソフトなう。

次来たら是非と思いました。

今回は、宮沢賢治童話村http://www.city.hanamaki.iwate.jp/sightseeing/dowamura/index.html
そしてその隣の花巻市博物館http://museum.city.hanamaki.iwate.jp/

に立ち寄りました。

まずは博物館、
広いです。
あと、縄文時代からこの地は人が生活し社会が形成され、何かと歴史に満ちあふれてるのだなと思いました。
展示資料が面白かったです。

子孫繁栄の象徴は今も昔も変わらないようです。縄文土器です。


途中、資料の時代が随分飛んだ気がしましたが、面白い内容です。
当時のジオラマがわくわくする感じで好感触。

この地方、失礼ですがここ数百年位まで未開の地だと思っていたのですが、いろいろと奥深さがありそれが大きな発見でした。
特に、縄文時代の竪穴式住居の再現模型では、毛皮などが敷かれておりこの地ならではだなと。
そして、当時、この地の方々たちの寝姿は体育座りの寄りかかり形式という説で、埋葬も体育座りという理由にも頷けたわけでした。

明治時代の風景ノジオラマ。
撮影を被写界深度深めで撮影すると若干ミニチュアっぽくなくなる手段。
IMGP9199.jpg

ここはおすすめです。

次に宮沢賢治童話村。

ガイド資料を見たら館内の風景が幻想的なライティング写真で、それに惹かれ(虫か

早速入ると

すーごーいー
IMGP9233.jpg

全面鏡ばりの星空部屋

IMGP9217.jpg


など、みやざわけんじすげーーでした。
近代アートの美術館みたいな雰囲気でもありました。

宮沢賢治、あまり興味なかったのですよ。
少し困っていて、坊主頭で、夢見がちで、今で言う所謂草食男子系ホントはモテ希望クリエータ的にありそうな色。。

相当な偏見しか無くて。。。凄い失礼なんですけど・・・

でも、この人の視点て、さっぱりモダンな真っ白背景が似合う現代アートの源の一つとも思うんですよ。
あまりこの人の事知らないでごめんなさい。感じたままで。

でも、この方のちょっとフェミニンなふんわり感でどこかキッチュな愛らしさ、素敵だと思います。

この人の想像したこんな色のセカイなら、いいかななんて思ちゃいます。



IMGP9225_20091211235801.jpg


この施設も、来たらいっとけ楽しいよ。とお勧めしたいです。


そしてちょうどいい時間に新花巻に着けて、駅内のおそば屋さんで小腹を見たし帰りました。

次きたらソフトクリームです。気になります。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

s o a r

Author:s o a r

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。