--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-12-10

12/4?5の岩手いきの事(一日目、平泉とか)

4日朝っぱらから凄い早くから(AM6時発の新幹線.....)岩手に向かってました。

いわて、初めてです。

・・・・おおざっぱに。

平泉にいました。

入り口から坂に登るのですが、思いのほか急。
「義経と静御前も逃げて来たときここのぼったのかなー」
『のぼったかもねー静ちゃんは馬のってたかもしれないけど?』
「わからんよー、義経が静ちゃんに縄掛けてひっぱらせてたかもー(ひひーん」
『よしつねダメ過ぎ甲斐性なしww兄にやられて当然じゃぁ』
「弁慶は静ちゃんにきつく当たってそう?」
『源氏が一気にレベルダウンだね?・・』


中尊寺です。金色堂です。資料ではこんなアングルしかみない理由が判った気がします。
IMGP8924.jpg

構図きまりすぎとるわ!ここしかないわい!

試しにグーグルで「中尊寺」で画像検索してご覧なさいな。

眠り猫かっての(にゃあ


・・幼少のとき源平ものがすきで(義経が美形の美少年のショタコンなイケメンと勝手に想起し)、この地は1度触れてみるべきだろう。と。

どうでも良いのですが、 一定の世代以上がよく知っているあの頼朝(ホストのアレに非ず)の肖像画、あれ本人ではないという説が出て撤去されているようですね。

義経は伝説が多いですね。コチラの年表ではこの地で没した事になっておりますが。

随分あとになり、義経とされる肖像画みてどん引きです。源平打魔伝で赤くてきえーきえー言ってる男をばっさりヤるのが楽しみになってました(ぎょえー
その後、PSの「GENJI」というゲームで変身後の景清が出た時もどん引きでした。芸術でした。

偏見で歴史みてそうに思われますが、層でもないので誤解しないでください。
歴史は勝者の虚栄です。ちょっと過言ですけど。

えー、中尊寺ですが。
金色堂、本当にきんきらきんでした。二重に建物つける理由も判ります。
出来上がり直後より保護用社屋はできていたようで。

そして、その敷地内の傍らに、白山神社なる社あり、神社好きとして外せませんでした。
IMGP8891.jpg

ここ、舞台が在るのですが、なかなか印象的です。
祭神はイザナギ両二名。
仲良く一緒という事になぜかほっくり。何時のイザナギをまつるかというのもあるでしょうが。
良き地です。個人的に。割と気に掛けられなさそうだけど、何か安堵できるものを感じたですの。

上り坂途中から見える景色です。ひろーい。IMGP8935.jpg


余談ですが、これでみちのく古寺巡礼四寺回廊などという物を制覇していたようです。
山寺の立石寺、松島の瑞巌寺、あとこの中尊寺とこのあと向かった毛越寺。


ご飯ですが、平泉レストハウスでいただきましたhttp://www.kpc.co.jp/hirarest/

大きな地図で見る

餅がおいしかった!エゴマだれの餅(うにょー
あと、串揚げの豚が凄く良い味でした。名物らしいです。豚。

IMGP8944.jpg


そして、毛越寺へむかい。

IMGP8973.jpg


いろいろこの地についての事を資料館などで読んだのですが、慈覚大師って実はヤベえww

密教系の高僧って、仰々しい伝説に事欠きませんね。

とりあえず、広いです。

池の作り方が平安ポイです。石の敷き方や池の平坦具合やカーブなど、平安京から持って来た文化ですね。
資料みても、やはり藤原家の地だけに歴史ふるかったです。

よくよく思ったのですが、関東が大きな都として開かれたのは源家が鎌倉に幕府を置いたのがおおよそ始まりな訳で、都市という意味では若いなと思います。(尤も大和王権時代から統治はあったようですが当時の本拠地は京という意味で)。

東京にはこういった平安様式の庭園が少ないので、そんな事を思ったりしおりました。

宿に着くまでに、いろいろ交通手段の食い違いがおこり、タクシーを広い宿の花巻まで向かいました。
ちょっと高かったですw

温泉はいりまくりで癒されました。

ごはんおいしかったです。
いちご煮とか実は初めて食べました。

IMGP9009.jpg

とにかく、ゆっくりさせていただきました。以上一日目。

スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

s o a r

Author:s o a r

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。