--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-11-13

京都二日目の事

11/9は朝っぱらより北野辺へ向かい、朝ご飯を豆腐屋さん藤野のほぼ隣
TOFU-CAFE HUJINO<http://www.kyotofu.co.jp/shop/cafe_kitano/index.html>
で。

ここね、煮お揚げの小鉢がおいしい。写真無し。

そしてそのまま京福で嵐山へ。
IMGP7241.jpg
ちょうどこの電車でした。

京福電気鉄道嵐山本線、嵐山電鉄、略して嵐電。”らんでん”です。
これね、”あらでん”てよみそうにもなるけど、らんでん。

日本刀でスネーク斬りつけて「ゔぁかやろぉーー!」とめっちゃ蹴り返される人、それは雷電。

下世話ですが、都電荒川線は、とでん。もう都電は東京都内で一路線しか無いのです。都電=荒川線です。

ちなみに、”あらでん”でぐぐってみると、ちゃんと京福電鉄のサイトのてっぺんに来ます。
ご丁寧に「もしかして: 嵐電 上位 2 件の検索結果」なんてでます。

なんかいいじゃないこと?らんでん。かわいくて。らんでん。

以上まめ知識。

この日は嵐山の桂川で紅葉祭りが開かれておりました。
嵐山嵯峨の方面なんて何年かぶりで。しかも、土日に来るなんて気まぐれもいいところで。

でもせっかくなのでと来てみました。

IMGP7245.jpg

渡月橋まえでございます。
人多いです。
昼間っから花火大会なんぞやってません。みたいな。川沿いだけに。
立ち止まらないでください、みたいな。そこまでではございませんでしたが。

もみじ祭りですが、紙一重で馬鹿丸出しのような絶妙な装飾のお船に、演奏や演技などをされる方々が和風のコスプレに身を包み、桂川のボート乗り場周辺を延々とぐるぐるし続けるという、それはそれはゆる?いお祭りでございます。

川沿いには一眼持ったり、三脚に500mm位の白いレンズつけたカメラを立てゴルゴ13よろしくな神妙さでスコープを覗き込む方々など。
IMGP7259.jpg

それぞれのお船のスピーカからいろんな音が放たれいささかカオス状態でもありましたが、このゆるさになかなか風情を感じるお祭りでございました。

この日まで歩きで渡月橋わたった事無いのでした。
IMGP7281.jpg

その後、京福で四条方面に乗って東西線乗り換えて京都市役所前で下り、ホテル本農寺本能寺会館で「ほほー」と感嘆し合い加茂川沿い歩いて河原町でお昼。
IMGP7294.jpg

取り急ぎ、ラーメン壱番館というところでたべました。
・・・なんで、いまだにみよしいかないんだろう・・

その後、錦に用があり四条通てくてく歩いて京極通りに入って左に入る前に錦天満宮によって参って牛なでて善光寺連れてかれるフラグを立て
IMGP7307.jpg


錦市場あるく。

ぐへ、シャッター閉まってる。日曜だしorz
後日訪ねる事にし、京都駅まで。

奈良線のって東福寺で降り。

東福寺。初めて。

ここ紅葉見頃来たら凄かろうなあああああああ!!!!!!

IMGP7384.jpg

あの橋でパノラマとりたかったけど、三脚だめですかそうですか。
ここもピークが来たらとんでもない人出なのでしょう。

歩いて回るにはよい場所と思いますう。

東司(集団厠)を見て門でたらちょうど閉門。

そのままてくてく歩いて伏見へ。

御神楽を見ようという約束を果たすため。

さすがに歩き疲れてて、少し休憩所で休む茶を飲む安堵する。
隣でDSやらいじってる青年二人組が気になりながら。

ちょっと登って千本鳥居写真とって降りてだーちゃんとまんしろさんまち。

観覧席に少しずつ人が集まりだした頃
IMGP7438.jpg

集合の時間ぐらいにだーちゃんに電話したらもう席に着いて確保しておいてくれたとの事。
さすが。

その後まんしろさんもくる。

twitterで10000ポスト決める。伏見稲荷なう。

挨拶もそこそこ御神楽始まる。

この日見たのはどういう物かというと・・
『この御神楽は、古の鎮魂祭にもとづく神事で、一時中絶されていましたが、孝明天皇の文久三年に、禁裏御所の特別の思召しで再興され、現在では大社の職員 によって奉仕されています。庭燎の薄明かりの中で、本歌・末歌・和琴・笛・ひちりきが次々と奏でられ、早韓神が歌われるなか、荘重古雅な「人長舞」が舞わ れます。』ー伏見稲荷のサイトよりー

中身はというと、すごいです。殆ど動きありません。
神楽の方々一人ずつやって来てはたかれた火の前で演奏。
全員そろうまで延々繰り返し。

途中立ち去る人続出
しびれを切らして喋りだす人多数

「いつおわるのーーーーびえええええん」
とのたうち回るお子様

風が吹き突然寒くなる

我々4人は黙々と観覧していた訳で、うわ、ここまで呼び出しておいて凄い物誘っちまったなと少し思いつつ。

兎に角、荘厳でございました。
そう、荘厳という言葉が非っ常によく似合う夜でございました。

しかし、特に人々の欲望を片っ端から受け取る真っ赤なエネルギー滾るこのお宮で、と思うと、何か感慨深いのでした。

IMGP7441.jpg

その後京都駅まで行きご飯。
伊勢丹の上でご飯。

よくランチを食べる焼き鳥屋さん。
お店のなまえはこけこっこ。http://www.ystable.co.jp/restaurant/kokekokko/

だーしゅとまんしろさんは10年ぶりという事で。
なんとなく、二人とも並ぶと似ている。顔は似てないけど、全体にてる。
電話話すと声のトーンも似てる。

いろんな話して、だーしゅにお誕生日プレゼンとあげたり。

自分らが関西に来た事で、この二人が長らくの再会を果たせたことに非常に満足したなど。

とりあえず、二人とも背も高めでスマートでかっこよくて、小さいときに近所で遊んで遊んでなーとしつこく付いて回っていたお兄様的な存在なわけでそんな人たちにかまってもらえる事は非常に光栄で。

11前位には別れ宿にもどり。
次の日は大阪行きで早いので早めに寝てしまう。

スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

s o a r

Author:s o a r

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。