--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-08-22

心の幻視のとき

昨日水族館でマグロに感謝を注ぎにいく。

そして
テヅルモヅルのなかま。


型 ヅ ル

シャーマンがセイレイ様に会いにいく方法を真似るとき、心を見れるようになった姿の一つとしてこうゆうのがうじゃうじゃ出てくるのだ。
いろいろ絡み合って何か意味のある形になったりほぐれたり。

そこでいろいろ学習させられたり、小人さんが自分の体を分解してモップとかで掃除される。ぐろい。

基本的に生命体とはグロイのだ。醜いとさえいえることもあるのだ。

精神の中にも3次元的な奥行きのある領域があってな、そこにはたくさんの構築体が物理力学のごとく存在しているのだ。が、それはあまりにも不明な相で、時にまるで迷路。
その表れは、個別になった一つ一つの心によって宿された形が違い、例えばそれが人間の思考だと、そのまま表層アイデンティティの構成につながってゆく。
所謂フロイトが提唱した概念の場所なのだ。

しかも、その表層の物理空間の現象が、この想像空間にも記録され(元々記されてたたともいう)信念が続いてさえいれば前後の現れを直観(直感じゃないやつ)としてたどることも可能。割と長い期間まで。普通誰もしようと思わないが。


・・・・その領域には階層があってな、以上のように色や隔たりを感じるからともかく、深くなると、すべて全く同じにとしかなくなりすべてを知るに至る個別の概念という概念すら意識されなくなるほど意識をなくして思考なんて出来っか?という領域。
所謂、ユングがあこがれた彼岸なのだ。

精神世界が存在を支配するものとして絶対という訳ではないけど、ここは根源というリアルな設計図のミーティングルーム。
その想念の密度を固定させるため、物理学が定める四つの力という物質的な力点が137億年前に爆発しましたとかいわれるこの宇宙なのだ。論理が幅を利かす世界。こっちで活動する以上リアルも想像と同じぐらい重要
・・・・というか元々統合されたものとして単にあるのを、あの世この世だの分断してるから死ぬのが怖くなる。そうゆうのは仏教に聞け。

わたくしもこわいです。遺伝子さんの一番始めの要求が暴走します。

スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

ご無沙汰してます。マグロに感謝...はっとしました。
素敵な心ですね。
テヅルモヅルってこれは、何ですか?ヘビの一種?それとも海草かな?私も最近こんな生物が夢にたくさん現れて次々ぶったぎっていくという何だか冒険活劇的な夢を見ました。

この日記は、深すぎて頭悪い私にはよくわからないけれど
言葉に出来無い何かを感じました。
無意識のソースに繋がりたいです。

Re: No title

>マグロに感謝..

マグロは大好物で、原型を見てもおいしそうとうなるほど。多分、魚は体に合ってるんだと思う。


> テヅルモヅルってこれは、何ですか?ヘビの一種?それとも海草かな?私も最近こんな生物が夢にたくさん現れて次々ぶったぎっていくという何だか冒険活劇的な夢を見ました。

すごいよ。艶かしい。サイケデリック。

> この日記は、深すぎて頭悪い私にはよくわからないけれど
> 言葉に出来無い何かを感じました。
> 無意識のソースに繋がりたいです。

思考を止めろといわれてもそう簡単に止まらないという人間の性。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

s o a r

Author:s o a r

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。