--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-06-09

ひととひとにまつわる、大事なひと言

必要な事実の部分では収まりきらず
相手の状況への憶測がトラブルや軋轢の原因
それをするときのわたしの心:【だれかよりウワテでいたい思考】

そして
解釈。


嫌いでも好きでも、その人に注意を頭の中でそそいてる限り

わたしのそばにはそのひとがいる。

神経回路で形成された支点の様に

通信ケーブルで、つながる。
わたしのニゥロが作った、あのヒトの幻想。もはや違うひと。


ヒトとの関係をいつもよくしていたいなら

・・・・
相手の一瞬を
真に納得できる者は相手のみ。
その人だけが使える得意技。

////////////////

つまりは、相手は自分の思い通りに変えられない。
だからって、相手が正しい方向(と言うわたし理屈)に変わらないので

バカ/愚か/あはれ/

と言うのが、解釈。わたしのニゥロのなかで妄想したあいつ。

    公式/正式/純正/きまり/

    これも社会的な解釈。
    そして、社会も一つじゃない。


////解釈続けて性に合うならそれでいいの。あなただけの必殺ワザ。
////もし、解釈の連続から食い違いを繰り返して苦しいのなら、思い出して。

・・・・・・・・・・・・・


究極的に、解釈はいらない。これは、理想論で。

けれども、目の前でおこるその一瞬一瞬、みたまま。ほこほこ。

/////////いいことおしえたげる。
/////////その一瞬一瞬の解釈が、この先のあなたをつくる。

 
あんだーすた?

ぼくたちわたしたち、忘れがち。




スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

s o a r

Author:s o a r

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。