--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-09-28

くしゃみと伸びとヘレンのwater

絶頂に非常に関心があって。
そのテーマについて思いをめぐらすのを常に欠かせないこの私という存在。

あ、あと結ってことにも同じぐらいに興味がある。多分、セット。

特に、性的に。

オーガズム。ラテン語で小さな死・・・らしい。

これ、みんな説明できない。

だけど、みんなそろって気持ちいと言う。
その現象自体が一つの言語みたいに。

しかも、説明が難解で、絶頂の性質がまったく一緒じゃない。
だけど、気持ちいい。人類の体の底から起こる共通言語。

これは、謎過ぎる。

僕にはこの矛盾と同等の謎が非常に神秘的で仕方がない。
考えるだけで脳内では南国の花のような芳香と微熱が沸き立ち興奮する。

僕っていわゆる恋愛カップルが一生懸命セックスする様子を間近でゆっくり眺めたいってよく言うけど、その理由はその見物を通して何かつかめるんじゃないかって。
AV撮影はNG。意味が違う。見た目だけ性交渉してればいいわけじゃない。

その究極には何があるのか、と
突き詰めたい思いがフィーとなって、さらに血流の振動が摩擦になっては余計厚くなる。非局所的に。

なんだか、エロいいたってまじめだけど、なんかえろい。

その究極。
絶頂。

それは、ピークで

知ってることは、ピークを感じた瞬間、転じてしまうこと。

完全な沈黙が訪れる。
停止。
肉体的には、ほとんど散逸が当たり前。

男なら、地球上で製造されたととても思えない白い濁流とか。いや、地球上の物質なんだけど。
見ると思うんだけど、すんごいもったいないんだけど。

これって、すごいエナジーの凝縮なんだけど、どうよ?みたいな。
だけど、男の本能として、性的興奮の頂にはこれを出すことは満足で。
人間(ここれでは性を分類して男)が生きるうえでは最上級な快楽だってことになったゆえんは?_?

・・・・・・・、と

で、女の子は女の子で、興奮すればするほど搾り出してみたくなったりする。
相手をしっかりキャッチしたくて。受け入れているようで、実は捕獲している。それが満足。
体にとって重要な部分まで侵入しようとしてくるという状況が複雑な気持ちよさを生み出してる。
そして、受動することで内側へより深まるから、いったん始まればとまらない。そしてちょっと切ない。
(実際体力的な意味も含めてそんなに持たないと思う。)



根本的に生殖という有機的な仕組みを通過することで得られる結びの持続って、すごい調和であり時空も飛び越えた瞬間にとどまる。時空を利用して説明するのはまったく矛盾になるほど。

とてつもない全体の表れ・こうと不幸を超えちゃって、いわゆる100%
タントラはこれを多分目指しているんだと思う。
そこに入ってしまえばそれまでのエロティックさえも超えて含んでしまって純粋になる。

僕には創造の原点を感じる。まさに無限

でも、知性がその持続を停止させる。
その知性は、エゴといっていいかもしれない。

そこで、遺伝子のコードって、特に根元・実は怖いような、魅力的というか、壊したいものというか・・・


続く。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

s o a r

Author:s o a r

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。