--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-06-30

まさかこんな事、、、

決して大声で言えたものじゃないけれど、、、、

質として攻撃的で自分だけ大好きという困る人には、下から周り、味方の振りをして、従う振りをし心の奥底では利用するんだって。
言う事を聞いてくれるヤツだと思わせる事が出来るから。
そうして、いいヤツだと思わせて、気を許させるんだって。己の利となる。
本人は、大将気分。それでいて、ものにされてる。
バカとハサミは何とやら。

例えば超絶な乱暴に黒い言い方をしてみると,そう言う事みたい。

上善水如。
、ということの、僕なりの解釈でちょっとした裏の面な言い方としての、ヒミツ。

※もちろん、世の中ぜんぶこうだったら暗いだけで成り立ち、非常にやる気がなくなるので、一つの側面として。


この言葉の要は、一言で言うと謙虚でありたいという教訓なのだけど。

自分には出来ない人も時々いて、返って「キに食わないヤツだ!」と思われる事もある。

つまり、まじめで正直。

それを、誰にでも出来ている人は尊敬する。
スポンサーサイト

2010-06-28

mixiでの思い出しゴト

mixi、今では連絡網のように登録してるものだけど、ふと思い出したことひとつ

数年前に、そこである女の子と偶然のように出会いました。

この女の子の見る極彩色の耽美な世界は大好きで、かわいくて、絵も素敵、そこではよくおしゃべりして楽しかった。デザインに関わってたみたいで、いつかはアートな分野で自活していきたかったとか。
関西住まいで、その方面とも知人はいたので、ゆくゆくは、、とささやかな期待もあり。

でも、心配なことに、その子は心を病んでいて。

だからといって、いつかよくなるものと疑わなかったし、、どうあろうといつか会ってお話して互いをもっと知りたいねと、そう思った丁度三年前の今みたいな六月、彼女は突然帰らぬ人。

びっくりさせたかったくてふざけてるんじゃ、、とおもいながら確かめたら事実。。

今では、抜け殻のようにアカウントが残るのみ。
自分のアカウントで見れる唯一の紹介文もなんか色あせて。

そうなってしまったものは仕方がない、とおもい、たまーに思い出すんだけどね。

今は世界のあり方が3年前に比べて激変してる。激動という言葉がよく似合ってる。
もし君が、突然復活して周りを見渡したら、新し物のキミはびっくりしてワクワクしすぎて、でも不安で心臓とまるかもしれない。

・・・・・といっても、今は無駄。

ここ数年の、心残りのひとつをを気まぐれに思い出しただけのこと。

2010-06-27

近況?仕方の無い出来事、来たもの、目にしたもの

簡潔に

4年一緒に過ごしてたどじょうさんが亡くなりました。
すんごい辛かった。
飼い始めてからいつかこういう事は判ってたから、大事にしてた。だから、
「もっとこうしてあげればよかったー」とかは思ってない。
でも、その時は唐突。


以上



ヤブユム像、いわゆる歓喜仏がうちに来た。
初めて見た人は衝撃的。
求め合う男女が一つになるという事に見る深遠さ。


IMGP9886

つぎ

生ダライラマを拝んだ。
にこにこしてかわいかった。
「○ラ」とかいえるわけないだろ!

以上。

2010-06-02

初めて見た

fc2についったーの連携が始まったようだけど、もともとfeedで送ってるし、twilogに一日のツイート送ったりしてるので今の処使わない。

少し疲れたのでささっと更新。


今日初めて見た風景。
カモの交尾。
乗っかってた。
頭に噛み付いてた。
他の♂がよって集ってみてた。
なんか鏡餅、、
IMGP9818.jpg

一匹目が済んだら次々に他の♂が乗っかってた。かなり乱暴。

人間社会でもこういうのあるような気がした。最もヒトの場合金銭を伴っている塩梅で。

さらに、男の子が女の子襲う事を「暴行」って言うけど、なんだかわかる気がした。
IMGP9819.jpg

全て済んだら♀が「まったくもぉ。。」とばかりに毛繕いをしてそそくさと去っていった。


カモも大変。


2010-06-01

上海の水族館

上海海洋水族館。http://www.sh-soa.com/zh/html/index.html

アクアリウム好きでずっと気になってたので、ここにも入った。
なんでもアジア最大級の水族館だそうで、「どれどれ見てやろううじゃないの」的な意気込みで入った訳だが、、

あ,料金は大人135元。日本円にそのまま戻すと、一般的に国内水族館の平均入場価格と大して変わらない。

場内の構造としては、地上一階から地下一階?二階?三階と降りてゆくスタイルで、噂では最下層がとんでもなくすごい規模だとのこと。

入ると早速凄かった。展示水槽の大きさがちがう。

?1Fは淡水魚?

展示の魚の大きさもなんか一回り大きい気がする。。。
IMGP9628_20100601143235.jpg
こんなアクアリウム水槽うちにも置きたい。

因に、コリドラスは「鼠魚」と書くそう。

先進むとトンネル型水槽で
IMGP9642_20100601143242.jpg
ピラルクが巨大すぎる、、、征服されそう。ワシントン条約無視かと思う程と言ったら大げさだけど、写真サイズのが普通に数匹。


イチイチ細かく説明したら凄い量なのでかなり省略。
地下一階へトンネル水槽をエスカレータでおりる。

?B2コチラも淡水魚でいわゆる熱帯魚?
IMGP9647.jpg


IMGP9658.jpg
ここも水槽デカイ、、、

どうやら上部をオープンにして上からも見れてしゃがむと横から見れるスタイルが主流。

とにかくおどろいたのが
IMGP9654.jpg
サカサナマズがプレコ並のおおきさだったということ。
国内で見たのはコリドラスなサイズに過ぎなかったので。

気が付いた事は、水の透明度が高い。
奥行きが霞む事なく見やすく綺麗。コケもない。
水質の違いだろうか、濾過技術がよいのか管理が巧いか。


?B2、このフロアより海水魚?

アザラシが出迎えてくれた。。。でかい、、毛並みがよくつやつや、、
ペンギンも居たよ。なんか凄い元気だしカメラ目宣してくれるしやる気あるし、、どういうこと?

IMGP9664.jpg

海水魚水槽は綺麗に作ってあってびっくりした、、
それぞれテーマがはっきりしており、背景も見合った雰囲気に仕立ててある。

そして、種類も個体数も多い。

クラゲも居たよー。見慣れない種類。
IMGP9666.jpg
水槽も相変わらずでかい。前に立つと頭が真ん中に来る程度。

※相当端折ってるよ。

?B3、海水魚~

名物の世界最大級の水槽トンネルですって。

入ってびっくり、動く歩道式。
IMGP9673.jpg

ゆっくり見たければマットに降りて写真撮り放題。
レイアウトはとてもプライドを感じる作り、魚の種類も多数。

危ないのも普通に居た。タイガーシャーク
IMGP9681.jpg


全部回り切るには2?3時間あれば十分だけど、兎に角充実している。


客層は基本的に若いね。
コチラも変わらずデートや男女混合な友達同士で楽しみにくる人たちや親子が多い。
観覧の仕方も「ああ,何処もこういう感じなのね」と思う感じ。

ここまで来て敢えて水族館という感じ最初は挑んだけど、来た価値は十分に。

魚飼ってる身としても色々参考にもなったし。水が綺麗で見やすいのが興味深かったね。
プロフィール

s o a r

Author:s o a r

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。