--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-08-22

心の幻視のとき

昨日水族館でマグロに感謝を注ぎにいく。

そして
テヅルモヅルのなかま。


型 ヅ ル

シャーマンがセイレイ様に会いにいく方法を真似るとき、心を見れるようになった姿の一つとしてこうゆうのがうじゃうじゃ出てくるのだ。
いろいろ絡み合って何か意味のある形になったりほぐれたり。

そこでいろいろ学習させられたり、小人さんが自分の体を分解してモップとかで掃除される。ぐろい。

基本的に生命体とはグロイのだ。醜いとさえいえることもあるのだ。

精神の中にも3次元的な奥行きのある領域があってな、そこにはたくさんの構築体が物理力学のごとく存在しているのだ。が、それはあまりにも不明な相で、時にまるで迷路。
その表れは、個別になった一つ一つの心によって宿された形が違い、例えばそれが人間の思考だと、そのまま表層アイデンティティの構成につながってゆく。
所謂フロイトが提唱した概念の場所なのだ。

しかも、その表層の物理空間の現象が、この想像空間にも記録され(元々記されてたたともいう)信念が続いてさえいれば前後の現れを直観(直感じゃないやつ)としてたどることも可能。割と長い期間まで。普通誰もしようと思わないが。


・・・・その領域には階層があってな、以上のように色や隔たりを感じるからともかく、深くなると、すべて全く同じにとしかなくなりすべてを知るに至る個別の概念という概念すら意識されなくなるほど意識をなくして思考なんて出来っか?という領域。
所謂、ユングがあこがれた彼岸なのだ。

精神世界が存在を支配するものとして絶対という訳ではないけど、ここは根源というリアルな設計図のミーティングルーム。
その想念の密度を固定させるため、物理学が定める四つの力という物質的な力点が137億年前に爆発しましたとかいわれるこの宇宙なのだ。論理が幅を利かす世界。こっちで活動する以上リアルも想像と同じぐらい重要
・・・・というか元々統合されたものとして単にあるのを、あの世この世だの分断してるから死ぬのが怖くなる。そうゆうのは仏教に聞け。

わたくしもこわいです。遺伝子さんの一番始めの要求が暴走します。

スポンサーサイト

2009-08-15

ベンチャーズな日々・・

夏だからベンチャーズ聞きまくってて当然聞いてたらギター抱えてならしてたと言うパターンで。
ぐだぐだになったり、しっかり弾いてたり。

音量注意。


[VOON] Output 1-2

2009-08-13

初めて扱う食材で汁物

おとといあたりからLUNASEAにはまってる。中二の時にすごい衝撃を受けそのままメジャーデビューを見守った。mother以降スタイリッシュ多めになってゆくと同時に、今まで興味も示さんかった周りの奴らがモテツールのごとく聞くようになりそれ以後知らない。
インディーズの頃の青いアルバム?EDENの間、世界観が自分の趣味と完全一致だったのだ。神秘主義な歌詞で、ヒランヤぶら下げてるスピリチュアリストっぷりにはかぶれた。

去年のHMSでrosier演奏したときのJの台詞ターンはかっこ良かった。
不思議とこのバンドをパート丸ごと楽曲コピーをしたことないから今度やってみようと思ったけど、こやつらの音はただ演奏はできてもサウンド作りとグルーブ巻き起こすの難しいのだ。きっとハマれるし今更ながら発見も多そう。


サムゲタンつくった。
朝鮮人参をままで買うの初めて。なつめとかずっとナツメヤシと一緒と思ってた。
新たに食材をストックしたと同時に、生薬も増えたという。

IMGP4973.jpg

おいしかったよ。実は夏の料理なのだー。

2009-08-13

妄想

数多い人が暮らす地球の上で、その中の数万人は物体に目や耳や手なんかで触れる事で在る程度前までの量子の状態を感覚できるとおもうと・・・

・・つまりたとえば、いつか使ってたラケットを触られるとイングウェイ流しながら一人こっそり速弾きエアギターやってる印象がメモリーを読み込む様に見れると思うと・・・と言う具合。


自分も一人でこっそりそうゆうことは過去あってエアドラムとか、それ知られると結構恥ずかしかったから、見ないでー白鳥のバタ足ー・・なんて気持ちよくあって。
そう言う観念から、人前によく持ち出すものはそう言う量子状態がこびり付かない様に、一人遊びの時に意識しない場所に閉じ込めて行うと言う神経症的と言われても仕方ない処があり。

でも結構いい加減な性格だから、物体によってはどうでもよくなることもあるけど。


でもね、最近思うんだけど、知った感じたのところで、他の人には言わない事だよなー・・って。


しかも大体、言ったところで気まずいし、その時点では真偽は確定しない事だから妄想な事もあるのだ。
まーそんなこと統計的パターン用いれば思いつきやすいことだろうし?結構皆自分みたいにアホ丸出しかもなwと流せればそれでいい感じ。

んー、もっと判りたすくたとえれば、男の使用済みぱんつ見たらせ○ずりの風景なんて容易ににおもいつくわけで、妄想妄想。

ただし、自分の思考のパターンと明らかに違いのある印象だったり、時に残酷だったり、感情がすごく抵抗する違和感も思える時があり、非常に困る事もあるけど。なんぞ、と。

でも感じた気がしても、明らかにされてないから妄想。
もしかしたら自分の中の隠れた狂気という可能性だって十分ありえるのだ。
他人の目が入れば、主観論を空中に展開され巧く結論してくれることもあるのだ。

妙な感覚って、精神の領域に余計な仕切りが出来たりするから時に面倒くさいのだ、ってだけのはなし。
おもしろい現象だなコレ、って便利に思う事が多いけど。共時性。

あと、見るものと見られるものの関係性っていつでも魅力的なのだ。

2009-08-09

ガンダム前で思う

ガンダムがなくたって、こういう大型人型メカ作って公開したら凄いと言うところなんだろうけど、ガンダムだからこんなすごいプロジェクトが思い立たれたという。そして、ガンダムだから、こんなにガンダムなんだろう。実物大なんてみたことないだけに。
願いの固まり。左肩に現れる東京都の夢。

3801149558_2b2306c11d_o.jpg
夢の原動力は、現状から脱したい苦心。
夢を持つことは、満たされない思いに入ること。
夢は頂点を目指し、同じ夢を持つもの同士、時には競争も生み出す。
夢のピークという瞬間、中心に唯一立つことはつかの間の快感。
背後にいる衝動に動かされ、人は知らずにかり出される。
人の歴史は、そんな切なさが、作り出してきた。

だけど人は、そんな悲劇のパターンを何度も繰り返して乗り切りながら、自分に強くなることを選んだり、時には互いを傷つけてまで手に入れようとする、つかの間の快感を越えたよろこびを見つける道も選んだりできるのでは?と少しずつ気付いたりもしている。

そんな地盤の上に、自分たちはいて、そこに思うことは、一人一人なんだろう?
そして新たに、どんな夢を見るだろう?

まるで、ガンダムの物語。

2009-08-07

かじりんごへの屈服そして叡智

IMGP4812.jpg

実は、徐々にだけど前からアップルのあり方が苦手になってきている。斜め上のイノベーション。(とりあえず今のところiPhoneだけは持つものか!と)
が、デジタル環境に対するコンフォートとしてはこうなってしまう。komplete5動かすためw
快適で自分の中の何かが退化しそうである。この機会ができるまで、地球の上でたくさんの人間の出来事が関わってこうできる感謝を外したくない。だからせめて、新しいこの相棒といい関係を築きたい。
こうなるたびに、心の中の大事な何かを失わぬよう日々己を見つめてゆきたいと濃ゆく感じるのであった。



叡智である。長いんだゼ
世界の進行は変化とともに同列。すべて変わりゆくということなら、経験則と言う思考からつかみ取れる。
でもそれだけじゃない、流転の法則の向こう、変化システムを支配する不変という形の概念を超越したリアリティ。

本当に見つけ出すべき源は、そこだと思うんだ。
探せとも要求されない、自信が強く望めば開かれる、優しい計らい。

多くの人は、探求を続けるも、密度の濃いフレームの中で生存へのあこがれを形にしようとするcodeの根が織り出す甘美な欲というまどろみによって忘れてしまう。
怠け、にすぎない。ニヒリズムとは、苦悩に満ちた世界と甘んじ安住する者を言う。

あきらめや、不毛で陳腐な願望。繰り返される変化途中の顕現実内のピークが目的になってしまい、仕組みがそれを過去という幻にしてしまう。

待ち受けるのは、失う苦しみ。けれども学ばない。

喪失の悔しさがうみだすものは、やり直したいエネルギー。その炸裂は凄まじい。

培った筈の価値観や社会的インテリジェンスは、不変のリアリティの前では歯も立たない、手応えさえも味わえない。なぜなら、それらは変化するものだから。

。。。。。。。。。。
人は、どうやっても皆自己中心的。
それは、個別の心が世界とかかわるゲートは、個人の感覚器のみ。この働きこそが皆誰にも譲れない唯一の不変な正直さだからなんだ。

だけど、それは悲しい組成じゃない。分かり合えない原因でもない。その純粋な回路は、言葉や観念以前のリアリティに触れる鍵穴になる。そして、鍵となる手段は既に過去に残された数々の賢言に示されてる。

汝自身を知れ、そして汝自身であれ。


利己的な遺伝子 (科学選書)利己的な遺伝子 (科学選書)
(1991/02)
リチャード・ドーキンス

商品詳細を見る

2009-08-05

ヒwiヒヒerって

家の中で始めた水槽とは別の水鉢ね。小さい器で。
けっこううまく循環して活動してる。バコパの花まで咲いた。水も換えない、えさもほんと時々。赤ヒレ元気。
IMGP4804.jpg

基本さえ押さえれば、普通に水槽立ち上げて熱帯魚飼育とかに比べすごい簡単なのでお勧めしてゆきたい。

IMGP4800.jpg


ああ、ツイッターね。トゥイッター、twitter,ヒwiヒヒer。うん、いろいろだ。

ちょっと前に悩まされたことを打ち明けておこうと思う。

タイムラインにフォローしたすべての人のポストが出るわけで、時にネガティブな内容も出たりするの。たまにポロっていう人は何ともわないケド。ああ、疲れたんですね程度。

時に、つぶやきにそういう割合が多い人もいて、気取った言葉であれこれ非難批判を繰り返すアホ丸出しって人もいる、それ、あなたがそうじゃん・・・他人を思い通りに変えたいだけ?釣り?と思っちゃうときもある。
それはそれでスルー能力を身につけるいい機会でもある。

ん、なんてゆうか、すべての140文字以内が垂れ流される訳、そのうちのいくつかは誰が得するのかなっていうか。目に入ってきた以上、考える余地もあるということなのか。。。

自分自身、衝動に任せてつい言ったことが仮にあって、一人でも見苦しさを掴ませてしまったら?なんて神経質にもなってきてしまう。これはオーバーすぎるけど。

そうゆうネガティブ悪口タイプ別否定批判雑言発言はけっこう思考かき乱されて心地いいとは決して言えないものなので、リムーブするかんじなの。
ある人にその方がいいよー自分もそうしてるっていわれて少し楽になった。

付き合うにもこっちのキャパシティというものがある。
気軽な中にも気軽になれない無意識的な働きも他人の流れみてて見えることもある。性分的な

。。。以前からの知人とのことだけど、つぶやきがあまりにも気持ち悪く感じることが多かったのでスルーし続けたら切られた、ということもあったけれども、それはそれでそうなるものだったと。そう言いたいのが本音なだからやめろなんてとても言いたくなかったし。

思考が共有できてなかったということ。
けれども、本当はこちらとしては良い印象でみていきたい。いつかまた生であうことがあれば判ってみたいが故に一発ぶっ飛ばすかもしれない。殴りっこ。
もちろん、そう言うケースは彼だけがそうだった訳でじゃない。

また散文ですまない。謝って許されようとは思わない。本当に思ったことだ。
でも、これをみて。。いやなんでもないんだ。

どれにも、それぞれ扱い方というものがあるということなんだ。


結構便利な点も多いわけで勝手に構築されてゆく関係というのは面白い、情報源にもなるし。いらないソースとデマが広まることも多くなったけど。
プロフィール

s o a r

Author:s o a r

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。