--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-02-28

感情の源泉

誕生日事典誕生日事典
(2000/10)
ゲイリー ゴールドシュナイダーユースト エルファーズ

商品詳細を見る

この本面白くて、365全部の誕生日でそれぞれこういう人なんだよ?みたいなことが描いてあるの。

当然自分のことが一番興味あるので自分の誕生日引くわけなんだけど。

冒険家の精神とリーダーの資s?????
???自分の意思の強さと鋭い推理力を???



ふんふん・・・(ぉ

でだ、肝心の

道徳観念があまり強くなく??    
いささかまじめすぎます。     
わがままを抑えるよう努力しましょう



ぐ・・・・・

あとは、面白い発見があったんだけど

他人に手厳しい批判をする


傾向があるんですって。

うん、時々そうしちゃいたくなるときがあるの。ちょっと気に入らないこと言ったりした人の弱点見つけて突っ突ききそうになるの。

でも、あんまりそういう行為はよろしくないと自己観察から自己規制というシビアな癖を身につけるので、逆の解釈で考えるように勤めてるの。いささかまじめだね?w

そこでその発見とゆうのは、たとえば他人が何かを批判とか欠けた部分のクローズアップなんか公開するとかなりの拒絶反応が起こるんだ。

自分が強く規制してるだけに。
他人様の気持ちの上でのことだから、好きにさせりゃいいとは思い浮かぶんだけどねー・・・


それでだ、そういった事実を目の当たりにすると心の内にしまっておくんだけど。

わがままだからなんとか気が済むように処理したいからかもしれない。

・・・そんな事実を見た時の僕の頭はジレンマからとてつもない論理モードになり、己の上におく意識として物の見方を確保しながら、その批判とゆう行動を採った対象が、理にかなう上でどういったパターンに分類され(コンプレックスされた心理を並列の側面で探ることも忘れず)、いかにロジカルに通用するかの構築を試みた結果、その理屈の出来如何で僕に相手の思惑が解釈され、うまくいくと昇華される(稀に)というどこかジャッジメントでソフィな壇上が

繰り広げられるわけ。

そのあいだ僕に対しても
「無責任にフリーダムに批判できるこいつに一瞬嫉妬しているだけなのか?」
「自分は今までどう外部に対し意見してたんだ(笑)」
とか自分の位置をフェアにすることさえも怠らず。いささかまじめすぎるのかな。
最も、すごい頭に来てるとこの限りじゃないと思うんだけど。

大体、これを描いている動機さえもそんな資質ゆえなのかもしれない。
いや、少なからずあるよね。

だからね、僕に該当するページにかなり批判ぽいて書いてあるのはこれだけは強いんだよねー。

でも、明日になれば忘れるようなことだから、実際気楽なんだけどw

批判するよりさ、その対象の優れている部分を延ばしちゃおうよ。
最後にはそうなるほうが心底心地いいんだ。

人を365パターンで分けるという軽さの割に、時々ガーーン見たいな部分もあるから結構面白い書物。

more...

スポンサーサイト

2009-02-26

そういえば

何故かミジンコも飼育している。2ヶ月位前から。
うじゃうじゃいる。


写真はやめておく。多分引く人多いかもしれない。


貝だけで魚のいないウィローモスのもりもり茂ったキューブ水槽に勝手に湧き。
最初うわーーーと思ったけど、ルーペで見ると可愛いし何か余計なもの食べてる様なので。

2009-02-22

検定終了。

簿記の試験終了。2級と3級まとめて。

終わって思ったのは、12月に受けようと思い立ち申し込んでから両方とも勉強しだした位で見事合格しようとするなんて簿記甘く見るんじゃねえぞ、と、言われた気分。


一応昨日までに全部の内容を押さえて挑んだんだけど、練習が足りなかったなー。
それぞれの問題で何をするのか判ってた割にちゃんとした答えが出せてなくて。
2と3とも精算表作る問題でたんだけど貸しと借りの合計が合わないと言う現象が起き崩壊w

ただ、全問やってみて内容とやり方はちゃんと把握できてたのでココまでよくやったな、とは思った。
要は、頭ではちゃんと判ってた。だけにくやしい。笑

とにかく、内容頭で判ったらとにかく問題を解く練習して身につけるが一番だなと言う結論。
自分のペースでは今日までそこまで押さえきれてなかった。いや、今日までずっとそう感じてはいたんだけどね。できなくてもやってくうちに夢中になってくので、身に付けば楽しいんだろう。。。

結構全体のバランスを整えるセンスが問われる分野かなと個人的には思って、音楽制作で全トラックをまともに聞かせる為に行うミックスダウンに近いものも感じたの。ちょっと抽象度をあげた意味で。イコライザとかコンプレッサとかは使わないけど。

受けてみるとどうなのかはよーく判った。電卓打つ音とかで他の人がどの部分やってるかが大体判るのが面白かったw

ついでに、応援してくれた友人に感謝するぜぃ。修行の後半、だんだん元気の気までも消耗して気が滅入ってたりしたんだw

次は1級6月にうけるのでだからまだ終わっちゃいない。。

2009-02-13

余剰エネルギーという焔

キャパシティオーバーにまで入り込んだ活力に、肉体は耐えられなくなって解放するメカニズムが働く。

人はそのシグナルとして性欲とした。

ウイリアムライヒという人が提唱したオルゴンと言うエネルギー物質。なんだね。

が、それ物質として見たことがないんだ・・・・・

・・・でも、感じるんだ。熱くて高い周波で沸きおこる振動。

向き合う欠片
開いた蓮華の上で押し合う
密に繰り出す真空の発生
エクスタシーの環 描くイメージに
睦まじく住む秘法
インテグラルに ふたりの超越

2009-02-12

 日本のロックスター

え?、二人でよしきのニュースから発展したんだけど。
悪いがあの男はロックスターじゃあ無いよねぇ。あんなにリッチだと結びつかず。
ドームね、券取れたらいく。僕は一度飛び跳ねに行った事あるけ、ど相方がまだ見た事無いんだ。


世界の中でロックスターと言うと個人的にマークボラン、もしくはジャニスかなと・・
マソソソマソソソもかなーとはおもうけど、なんかちがう。


そこでじゃあ日本人のロックスターってだれだろうねとなった。
思いつかん。
いまわのきようしろう(なぜかへんかんできない)とか、大槻ケンヂとか布袋さん、せいぜいあんな感じで。
某寺西は違うと思ってる。

それで、思ったの。

日本のロッカーにドラッグ文化(主にヘロイン中毒)が深く根付いてないんじゃないかなって。
ニッポンそのものは覚醒剤文化だけど、退廃の向かう先が違う気がするんだ。。。

マンソンがロックスターとして違和感感じるところも、ドラッグ臭くも無いし、私生活ではフツーに大麻が好きとか言ってそうなところが(妄想で。)

吉井和哉、忘れてた。 "日本のロックスター" に一致する日本語のページ 約 689


にしきのあきらもそうなんじゃないかって少し思った。

2009-02-11

最近感じた事(性的な意味で

先日と引き続き性的ネタなので注意。。。。。

でも僕としちゃすごい真地面なんだよ。生命の根源だから。




精力には人それぞれ上限パラメータがあると思うんだ。
つまり、性的欲求ね。


・・・・よく精力を増す為のアイテムってあるじゃない。
人参とか、インヨウカクとかああゆうの。


その人の精力がMAXだったら、与えても変化無いと思うの。
一番効力を増すのは、年をとったりそれまで精を出して消耗した人だと思うんだ。
元気になりたければ、血の流れに勢いを付けて燃え上がる自分自身に興奮しろ、フィードバックだ、と。

・・・朝鮮人参は虚証の人にこそも言える生薬なので、そう言った意味で精力はうんと増す筈。


で、性欲のはなし。


若年期って、性欲が元々強いと理性だとか制御的な神経回路とか形成が不十分だから、そのいわゆるサルっぽさに悩んだりからかわれたりするんだと思う。



でもね、最近思った。
精力が強く無いと、色んな行動の度合いに結びつかないんじゃないかってね。

何か事を起こしたくなるには、愛のエネルギーが必要で。ヒンズー教で言うカーマ。
その根源になってるのは、精力。。。ぶっちゃけて言うと性欲ね。

・・・・余談として
基本的に人は即物的なものが好きだから、性欲と言うものは直接性的な行為に向かうんだと思う。
それはそれで言いと思う。むしろ無理に押さえ付ける方がいけないんじゃないかって。

...更に余談で
そうそう、身体を恒常的に司るセンターとしてチャクラって概念あるじゃない。実際ないんだけど。そこを意識に転換するのが重要なだけで。気と一緒で。
そこの一番根っこに当たるのが、性を司るセンターなの。システムとしては、その推進力が頂点まで上り詰める形で純粋なエネルギーが得られるって言う寸法。

・・・・

そこで、何かを意図したとき、その精力は意思の力と協力してその目的を推進するエネルギーに錬成されるだろうという。

・・・また余談で・・・・
お釈迦様の修行には、性欲の制御が不可欠だったらしい。それはやはり、転換と言うシステムを知ってたから故なのかな。菩提心。

・・・余談だらけで
カバラをよく知らないから何とも言えないけど、錬金術の本質としてはそう言う側面があるんじゃないって解釈してるんだけど・・・・・

.....................
つまり、性欲が強いことは、それだけのポテンシャルということ。生命力に直結。


。。。だからって、単純に性的な営みに費やす事が低俗とか思わないけど。全てを無理にトランスしなくても良いと思ってるよ。健康的でいられるためにね。
自分自身本音言うと好きだしw


今まで偉業と言われる事とか、でかい事を成した人って、性欲がすごい強かった筈。
その使い方を代々で知ってたか、先天的だったか。それはしらないけど。



この事って、いま僕が生きてる間自分の中でけっこう大きなテーマなの。


2009-02-10

あーー

何かこうとおもったんだっけ。

2009-02-09

回数

性的ネタになるようなのでごちゅうい・・・




ちょっと調べ事してたらこうゆうサイトを見付けてhttp://www.kingdom.or.jp/nanchie/html/00/07_01.html


いや、否定とかじゃ無くて毎日とかすごいと言うか信じられん。

毎日そのような行為の為に時間の用意をよくできるなとか、お互いのコンディションがが一致するなんてどれだけぴったりなんだよとか。。。

というか、ありえん。あり得るの?その女の子の黄体ホルモンの分泌どうなってるの????みたいな。

ちょっと大げさに書いてるなーとか思う部分はあっても、実際を見ないうちは何とも言えないし、そうゆう二人の密なオハナシは普段全く他人様とは関わらないから、妄想の範疇を越えない訳で。

2009-02-08

見る角度による。

青山フラワーマーケットは、見る人によっては(笑)になるんだと思う。
別段いやみじゃないところにバランスを感じるんだ・・・・

だけど、男一人でここは無理・・・・さすがにためらう。
スタンドアローン思想が度外視される場所のひとつ。

SANY0001_20090208131527.jpg

2009-02-05

男のメリット

二人で男女それぞれの身体の構造から発展してある過程に到達したんだけどそれは

男は賢者向き

というもの。
男の子は表に出さなくてもどうしてもスケベ心があろ、どうしても自然と注意が女の子の身体の絶対領域とか、三角地帯とか、シンメトリーなどの性的な部分に向かっちゃいがちだし、ほっとくと色んなところへ性を放ちたい欲求が強いわで大騒ぎだったりする。

所謂、生殖カオス。


が、ありがたい事に人は、自分がどう在りたいかと言うのは自分で決る心を持っている。
つまり、男だったらそのままスケベでいる事も出来るし、自分をいつも観察して教養高めたりして世間で言うスマートで理知的な人間を目指す事も出来る。

というのも、簡単にいってみると男の子は、基本的にだらしのない知性で活動しがちなので、そう言った判りやすいダラク部分の制御を強くすれば自然と賢者的な力を得られる。

と、互いそうかもしれない的に結論。さっき軽く仮定したので煮詰めてないからあまり責任持たない。


。。。。自分は男でよかったなと思う。内面を精密にする為に抑える部分が判りやすいから。
あと、その気になれば女性的な性的快楽美も体験でるといったヘルマフロディトスさ。。ちょっと切ないセンチメンタルな快感。

その上で一番悔しいのは、生殖器の構造が全く異なってる事・・・・(その切なさが性的快楽に転換する気持ち良さ)


女の子の場合、機能として出来上がってる人間ともいえるから、制御するポイントを明確にするのが男よりも複雑だと思うんだ。賢者向きじゃないとゆうか。魔女や知恵を蓄える胎蔵の役割に向くと言うか。

そうゆうとジェンダーフリーを強く支持するひとからは反発されそう。

その事についてははっきり言わせてもらうと、男あるなら、女も同じ世界にいないと男がいなくなる。

でも、今の時代って、身体上の性別以外は境界が薄そうでどちらでも選べると思うんだ。


そもそも、存在として抽象度を高めた領域では、同じ人間だものね。


因に、女性の一度の月経では、へいきん50CCなんだって。もっと多いかと思ってた。

2009-02-04

ほうもつ

ちょっと長野行ってきた。
山白かったよ。



大きな地図で見る

宝物も手に入れたよ。
日本酒は宝じゃ、飲む。
SANY0003_20090204222737.jpg

2009-02-03

過去の思い出しごと(面接編)

何年前だ。雨っぽい4/9ぐらいのこと。

僕はとある場所へ面接に向かっていた


.............................

 この仕事、たいへんだよ?


...........................

じゃあ、あなたなんでやってるんですか?

(自分の会社だろwこの人がゆうなんて、印象、マイナスだ・・・)

・・・・・・
・・・・、・・



----------------


採用されなくてよかった。

仕事は表面的なセンスだけで選んじゃいかん。という教訓。



2009-02-02

割ってみた。

いついやった最近流行の計算機WEBとやら。
このシンプルさに好感を持つ。

・・・・まて、webで計算機とは端末としてどーなんだこの計算機。

診断テスト系なんてやるの3年ぶり位だ。あの頃よくはまってた。
結果が自分を作ってく訳じゃないという重要な真実知った時、それは飽きに変わった。

とりあえず 割ってみたのよ僕とツレ。

ピクチャ 1

ピクチャ 2

ピクチャ 3


これを載せた事によって実際どうなのかと言う答えは、僕ら二人に定期的に会ったりする方達の判断に任せることにする。

2009-02-01

これの名前が知りたい・・

盛者必衰。

正と負のバランスだからといって、物事を見る時に虚しさで結論づける考えは罠にはまる事だと思うんだ。

例えば、新陳代謝の末に死んだ細胞は、細かく分解されてまたどこかで何かの新品になってゆく。
抽象的には、環。

それだけの事だけれども、ヒトの知性は識別用にと名前の使用を覚え、過程には存在を永久保証に錯覚してしまうんだ。
それが失う事への恐怖に向かってゆく。仏教風にいえば無明。

でも、名前は便利。偉大な発明。上手に使おうボーダーライン。

それはおいといて(トロとクロ風に)、

SANY0005_20090201143528.jpg


まとめて買ってきた花に紛れ込んでたのだけど、結構気に入った割に名前を知らない・・・
真ん中に松かさっぽいのがぽこってなってるのが愛らしい。

しかも、花にしては珍しい構造だし。
謎のままの方がたのしい事もあるよね。
プロフィール

s o a r

Author:s o a r

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。